FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 |

なのフェイ

2007-5-27-0.jpg

ようやく1つ出来上がり。

2007年05月27日 |

ストライカーズ8話

何書いて良いやら。すごく悲しい。

大人は間違っている、何も考えていない、という発想は大人が万能であるという幻想から生まれるもの。

技術を身に付けるために人一倍がんばらなくてはいけない、と思っている劣等感のある人には才能、技術がある人の言葉は届かない?

才能が不足しているなら、先人の技術を最大限に取り入れるべきだし、一人の力では何もできないことを自覚して数にものを言わせる方が良い(小さいトコロに入らない方が良い)。

が自分なりの一般論。
今回は才能が無い(周りのほうがすごく見える(自分がダントツで秀でているわけではない))中で、自分が秀でていることを証明する必要があるパターン。

正直。面倒くさい。その思想自体…うーん、間違っている、ような気がする。
間違った思想を持つこと自体は問題じゃない。過程として必要なときもあるし。

リリカルマジカル精進します。

テーマ:魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル:アニメ・コミック

2007年05月26日 |

塗り強化期間。フェイト。

2007-5-20-2.jpg

仕上げに気合入れて4時間くらい。慣れるともう少し早くできそう。
意外と上手くいったかなー。

2007年05月20日 |

アリサ

2007-5-13-0.jpg


Rhythm Fiveの浅木原さん曰く、無印SS01のアリサとすずかの歌は二人のラブソングだ、という話を見てから初めて聴いてみたけど...

本当にそうだった。

最近やたらアリサばっかり描いている。なのはフェイトの絡みの絵とかも描いてるのだけど2人入る絵が難しいのだ。

色塗りは一応以前の反省を踏まえてメリハリを付けてみる。ペンツールの方が思ったようにはいくのだけど少しだけ水彩ぼかしを入れたい、みたいな感じ。あまり上手くいっていない。

勢いのある線画を出来るだけ殺さないように、というのはよく思うテーマで、清書の時点まではそれなりにうまく出来ているように思う。あとは色塗り、だねえ。勢いを殺さない、という意味では慣れの追及、か。

明るさを出してみようと思って背景を青くしてみるもあまり意味が無い。背景に光るものが必要なのかな。

2007年05月13日 |

ストライカーズ6話 メモ

TVK組でかつ録画なのでネタバレが怖い。

斎藤千和がすごく好き。胸きゅん?

無印とA'sは完全超悪(誤)的な人って居なかったけど、何かそれっぽい人が出てきた。どうなるんかねー。

人は外殻に精神を影響されると思っている。ヴィータはたぶんずっと子供っぽいままなんだろうなあと。でも非常にまっすぐに育ってくれていてとてもうれしい。A's の頃って心の底からなのはを嫌っている感じがしたので少し悲しかった。大好きな人を殺そうとしている悪魔なのだから当たり前といえば当たり前だけど。

CGぽい動きがちょっと気持ち悪い。絵が左から右へ、とか奥から手前へすーっと動くやつとか。多分途切れが無いから。
Radiumsoftware のフリッカー融合辺りを思い出す。アニメの作り方を知らないけど動画?を映像にする前に動画と同じ枚数だけ入れ込む、とかはできないんだろーか。
動画を一枚一枚デジタルにして取り込んでるならできそうな気も。
複数の動画を映像として取り込んでるなら難しそう。
んー。

テーマ:魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル:アニメ・コミック

2007年05月13日 |

愛が重要なの?

20070506_1.png
20070506_2.png

なのはカーニバルを見に行って痛感したことは、自分には愛が足りないよなー、ということ。描くときに可愛さは求めてるつもりだけど、めんどくさがってもいる。

アリサ。頭、というか髪がおかしなことに。なのはBURNING を読んでから結構好きなキャラになってきた。
で、書き直し。なのは。うん。かわいいかわいい。右腕がちょい短いかな。0.3mm の方が可愛く見えるやね。

2007年05月06日 |

マンガ描き再考

昨日描いたのを見て考え直し。

線。迷いがあるところは脆弱に感じる。一息に描くのが重要だけど、それ以前に自分の絵を決めてしまうことが重要。決めなきゃ一息に描けないし。
で、線は何度か引いちゃって良いと思う。迷いがあるのとそれはまた別。

動きは感じられないコマ数足りん?違うな、無理やり詰めこんでるのでも動きあるのあるし。効果線?んー。あるいはコマ割り。

枠線は定規使う。

2007年05月05日 |

ストライカーズ5話メモ

フェイト、同情?自分と重ねる。
支えられるようになるほど人は強くなれるものだろーか。
多分なれる。なのはが居るし。

人は支えあうと弱くなる、というのはよく見かける悪役のセリフ。それは確実に偽ではない。彼らは真に悪役ではない。
支えあうときに怖いのは、互いがいなくなったときのこと。怖がっていれば支えあうことはできない。

今の自分の存在に疑問を持たなくなるのは、直感的には危険。10割信じられるものなんて無い。うーん、この発想自体やさぐれた悪役?

疑問を感じながら人と接するのは失礼ではないはず。そして、わだかまりの残る疑問なら解消すれば良いのさ、ということ。

2007年05月05日 |

マンガ描き

20070504_1.png


20070504_2.png


途中で挫折。仕上げるのが苦手、なのかな。一枚絵と違ってやり直しがし辛いのと、全部に気を回せないのが気持ち悪いのかも。

早く描けることと絵のパターン化辺りが課題。あるいはパソコンで仕上げ、か。


2007年05月04日 |

イラスト投稿テスト。

アリサ・バニングス
2007-4-29-0.jpg

2007年05月04日 |

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。